石垣島でウミウシの案内はサザンダイブにお任せさい

石垣島ダイビング サザンダイブ石垣島

サイトマップ

石垣島のダイビングでウミウシ撮るならサザンダイブへ

石垣島ダイビング TOP → 石垣島ウミウシ写真館 → 裸鰓目・2(ドーリス系ウミウシ)

裸鰓目の仲間 2

 ドーリス系ウミウシの仲間

シライトウミウシ-1 ◆シライトウミウシ① 体長:3cm

 潮通しの良いサンゴ域や岩礁域から内湾のポイントまで。
 根の周辺や岩の亀裂の中にいる事があり、ほぼ通年見られる。

 ●石垣島全域から離島まで、水深5mから見られた。


シライトウミウシ-2 ◆シライトウミウシ② 体長:3cm

 一般的に見られる、カラーバリエーション。
 背中が白いのから、少し青い個体まで見られる。

 ●見られるエリアや水深は上の①と同じ。


シロウサギウミウシ ◆シロウサギウミウシ 体長:2cm

 潮通しの良いサンゴ域や岩礁域のポイントで稀に見る。
 岩の亀裂やガレ場地帯にいる事がある。

 ●米原周辺や崎枝・大崎などのポイント、水深10mから見られた。


シロタエウミウシ ◆シロタエイロウミウシ 体長:3cm

 潮通しの良いサンゴ域から、やや内湾のポイントまで。
 狭い亀裂や転石地帯・砂溜まり周辺などで稀に見る。

 ●米原Wリーフや御神崎周辺など、水深10mから見られる。


シロハナガサウミウシ ◆シロハナガサウミウシ 体長:4cm

 冬から春にかけて、白いカイメンの仲間が群生している場所で。
 カイメンの仲間に擬態しているので、見つけにくい。

 ●大崎のポイントで、水深10mで稀に見られる。


シロボンボンウミウシ ◆シロボンボンウミウシ 体長:5cm

 サンゴ域や岩礁域から、やや内湾のポイントまで幅広い。
 ガレ場を移動していたり、狭い亀裂の中にいる事がある。

 ●米原周辺や大崎・名蔵湾など、水深7mから見られた。


シンデレラ ◆シンデレラウミウシ 体長:4cm

 かなり潮通しの良いサンゴ域や岩礁域のポイント。
 春先に大きな根にいたり、転石地帯にいるのを稀に見る。

 ●石垣島北部や米原Wリーフの北で、水深20mから見られた。


スソヒダウミウシ ◆スソヒダウミウシ 体長:7cm

 かなり内湾のポイントで、ボートでは行けない場所。
 オイランハゼやギンガハゼがいる、浅い砂地で稀に見る。

 ●川平湾の奥や崎枝の奥側の、水深1.5mから見られる。


ノトドーリス・セレナエ ◆ノトドーリス・セレナエ 体長:6cm

 かなり潮通しの良いサンゴ域や岩礁域のポイントで稀に見る。
 黄色いカイメンを食べていたり、狭い亀裂の中にいる事がある。

 ●米原周辺から大崎のポイントなど、水深15mから見られた。


センテンイロウミウシ ◆センテンイロウミウシ 体長:2cm

 潮通しの良いサンゴ域や、やや内湾のサンゴ域ポイントまで。
 岩を移動中やガレ場などの、石裏にいる事がある。

 ●米原周辺から大崎・離島まで、水深5mから見られる。


センヒメウミウシ ◆センヒメウミウシ 体長:2cm

 かなり潮通しの良いサンゴ域から内湾のポイントまで幅広い。
 砂利混じりの転石地帯や死んだサンゴの裏にいるのを稀に見る。

 ●石垣島北部や米原・御神崎周辺の、水深10mから見られた。


ゾウゲイロウミウシ ◆ゾウゲイロウミウシ 体長:3cm

 サンゴ域や岩礁域のポイントで稀に見かける。
 根の壁面やオーバーハングになっている場所や亀裂にいる。

 ●米原の北部から大崎・離島まで、水深10mから見られる。


ダイアナウミウシ ◆ダイアナウミウシ 体長:2cm

 やや潮通しの良いサンゴ域や岩礁域のポイントで、冬から春頃に。
 コケムシの仲間が生えた岩や転石地帯で見かける。

 ●米原周辺から大崎・離島まで、水深10mから見られる。


タイヘイヨウウミウシ ◆タイヘイヨウウミウシ 体長:3cm

 潮通しの良いサンゴ域や岩礁域のポイントなどで稀に見る。
 冬から初夏にかけて、岩の亀裂や丈の短い海藻にいる事がある。

 ●石垣島北部から大崎のポイントまで、水深7mから見られる。


タヌキイロウミウシ ◆タヌキイロウミウシ 体長:3cm

 潮通しの良いサンゴ域や岩礁域のポイントで、冬から春先に見る。
 転石地帯や根の壁面、死んだサンゴの下にいる事が多い。

 ●米原周辺から大崎・名蔵湾など、水深15mから見られた。


ツガルウミウシ一種-1 ◆ツガルウミウシの一種 体長:2cm

 かなり内湾のポイントで、3月頃に1回のみ見られた。
 内湾性の生き物が多く生息する、隠れ根周辺のガレ場にいた。

 ●名蔵湾の奥側、水深3mの場所にいた。


テンテンウミウシ ◆テンテンウミウシ 体長:15mm

 潮通しの良いサンゴ域や岩礁域で、冬から春頃に見られる。
 サンゴの隙間や根の周辺、浅いリーフエッジにいたりする。

 ●米原Wリーフから離島まで、水深5mから見られる。


トゲトゲウミウシ ◆トゲトゲウミウシ 体長:10mm

 冬から春頃、潮通しの良いサンゴ域や岩礁域で稀に見られる。
 コケムシの仲間が付いている岩や死サンゴの裏にいる事がある。

 ●竹富島の南側のポイントで、水深7mから見られた。


トルンナ・ダニエラエ ◆トルンナ・ダニエラエ 体長:3cm

 潮通しの良いサンゴ域や岩礁域で、冬から春頃。
 根の周辺から転石地帯などで、稀に見られる。

 ●大崎のポイントや竹富島の南で、水深15mから見られた。


ノトドーリス一種 ◆ノトドーリスの一種 体長:2cm

 潮通しの良いサンゴ域にある、すり鉢状になった転石地帯で。
 石の裏に付いていて、1回のみ見られた。

 ●昔の川平石崎マンタスクランブルの、水深20mにいた。


パイナップルウミウシ ◆パイナップルウミウシ(交接中) 体長:4cm

 かなり潮通しの良いサンゴ域から、やや内湾のポイントまで。
 根の周辺や壁面、ガレ場や転石地帯などで見られる。

 ●石垣島全域から離島まで、水深5mから見られた。


ハナイロウミウシ ◆ハナイロウミウシ 体長:2cm

 やや内湾のポイントで、冬から春頃にかけて稀に見られる。
 コケムシが付く岩や、死んだサンゴの裏にいる事がある。

 ●大崎周辺や名蔵湾・竹富島の南側の、水深10mから見られた。


パンダツノザヤウミウシ ◆パンダツノザヤウミウシ 体長:15mm

 潮通しの良いサンゴ域や、やや内湾のポイントまで。
 冬から春にかけて、根の周辺や砂溜まりで稀に見られる。

 ●川平周辺や名蔵湾・竹富島の南で、水深12mから見られた。


ヒオドシユビウミウシ ◆ヒオドシユビウミウシ 体長:3cm

 秋から春頃に、潮通しの良いサンゴ域や岩礁域のポイントで。
 狭い亀裂の中や転石地帯の石裏にいる事がある。

 ●荒川周辺から御神崎周辺の、水深10mから見られた。


ヒメエダウミウシ ◆ヒメエダウミウシ 体長:15mm

 かなり潮通しの良いサンゴ域から、やや内湾のポイントまで。
 離れ根周辺やガレ場地帯の、死サンゴ裏など稀に見られる。

 ●荒川周辺から大崎のポイントなど、水深15mから見られた。


ヒメコモンウミウシ ◆ヒメコモンウミウシ 体長:2cm

 冬から春頃に、サンゴ域や岩礁域のポイントで見られる。
 コケムシが付く岩やガレ場の石裏にいる事がある。

 ●米原Wリーフから大崎のポイントまで、水深10mから見られた。


ヒュプセロドーリス・ゼフィラ ◆ヒュプセロドーリス・ゼフィラ 体長:2cm

 やや潮通しの良い、離れ根も何も無い砂地のポイントで。
 砂泥系の砂地で移動しているところを見たのみ。(2回のみ)

 ●2回とも大崎サンドガーデンの、水深35mで見られた。


フジムスメウミウシ ◆フジムスメウミウシ 体長:1cm

 サンゴ域や岩礁域のポイントで、秋から春頃に稀に見られる。
 根の周辺やガレ場にある石裏にいる事がある。

 ●米原周辺から御神崎周辺のポイント、水深10mから見られた。


ブチウミウシ ◆ブチウミウシ 体長:4cm

 サンゴ域や岩礁域、かなり内湾のポイントまで稀に見られる。
 転石地帯やコケムシが付く岩の周辺にいる事が多い。

 ●米原周辺から名蔵湾の奥側、水深5mから見られた。


ブッシュドノエルウミウシ ◆ブッシュドノエルウミウシ 体長:15cm

 やや潮通しの良いサンゴ域や砂地などで、稀に見られる。
 冬から春先に、サンゴ周辺や砂地を移動している事がある。

 ●竹富島の南側やビーチポイントなど、水深4mから見られた。


ホシゾラウミウシ ◆ホシゾラウミウシ 体長:25mm

 やや潮通しの良いサンゴ域や岩礁域で見られる。
 秋から春頃、根の周辺や転石地帯にいる事が多い。

 ●米原周辺から名蔵湾のポイントまで、水深10mから見られた。


ホソスジイロウミウシ ◆ホソスジイロウミウシ 体長:4cm

 やや内湾のポイントからビーチポイントで、ほぼ通年見られる。
 丈の短い海藻地帯や砂地・サンゴ域にいる事が多い。

 ●川平湾内や名蔵湾内など、水深2mから見られた。


ホンオトメウミウシ ◆ホンオトメウミウシ 体長:3cm

 かなり潮通しの良いサンゴ域から、穏やかな内湾のポイントまで。
 何も無い砂地やサンゴ周辺、死んだサンゴの裏にいる事がある。

 ●石垣島北部から大崎のポイントなど、水深7mから見られた。


ホンクロシタナシウミウシ ◆ホンクロシタナシウミウシ 体長:1cm

 川平近くのリーフ内のポイントで、1回のみ見られた。
 サンゴが産卵をする5月、サンゴが点在する砂地を移動していた。

 ●米原ビーチでナイトダイビングをした時、水深2mで見つける。


ボンボリイロウミウシ ◆ボンボリイロウミウシ 体長:15mm

 潮通しの良いサンゴ域や岩礁域のポイントで、稀に見られる。
 根の周辺や転石地帯の石裏にいる事がある。

 ●御神崎周辺から竹富島の南側で、水深12mから見られた。


ミゾレウミウシ ◆ミゾレウミウシ 体長:3cm

 かなり潮通しの良いサンゴ域から、やや内湾のポイントまで。
 地形ポイントや根の周辺、砂地を移動している事がある。

 ●石垣島全域から離島まで、水深5mから見られた。


ミナミシラヒメウミウシ ◆ミナミシラヒメウミウシ 体長:15mm

 秋から春頃に、やや内湾のポイントでサンゴ域で見られる。
 コケムシが付いている岩やガレ場の中にいる事が多い。

 ●名蔵湾や川平湾の奥など、水深3mから見られた。


メレンゲウミウシ ◆メレンゲウミウシ 体長:5cm

 潮通しの良いサンゴ域から、内湾のポイントまで幅広い。
 冬から春頃に根の周辺を、黄色い外縁を揺らせて移動している。

 ●米原周辺から離島まで、水深5mから見られた。


モザイクウミウシ ◆モザイクウミウシ 体長:2cm

 かなり潮通しの良いサンゴ域や岩礁域から、内湾のポイントまで。
 冬から初夏、サンゴの基部近くやガレ場の中にいる事がある。

 ●米原周辺から離島まで、水深5mから見られた。


ヤグルマウミウシ ◆ヤグルマウミウシ 体長:1cm

 やや内湾のサンゴ域や岩礁域のポイントで稀に見られる。
 秋から春頃に、根の周辺や狭い亀裂の中にいる事がある。

 ●底地湾から名蔵湾のポイントなど、水深12mから見られた。


ヤマブキウミウシ ◆ヤマブキウミウシ 体長:15mm

 春から初夏にかけて、潮通しの良いサンゴ域で稀に見られる。
 根の周辺にあるガレ場やコケムシが付いている岩にいた。

 ●荒川周辺や大崎のポイントなど、水深15mから見られた。


ユキヤマウミウシ ◆ユキヤマウミウシ 体長:2cm

 潮通しの良いサンゴ域や岩礁域から、内湾のポイントまで。
 岩の亀裂の中や根の周辺で、ほぼ通年見られる。

 ●石垣島全域から離島まで、水深7mから見られた。


ラベンダーウミウシ ◆ラベンダーウミウシ 体長:35㎜

 かなり潮通しの良いサンゴ域や岩礁域など、稀に見られる。
 オーバーハングになっている場所や離れ根にいる事がある。

 ●石垣島北部から屋良部崎など、水深18mから見られた。


ニシキリュウグウウミウシ一種 ◆ニシキリュウグウウミウシの一種 体長:1cm

 春先に、潮通しの良いサンゴ域で1回のみ見られた。
 根の脇にある、砂溜まりを移動していた。

 ●底地湾の出口付近のポイントで、水深20mにいた。


レンゲウミウシ ◆レンゲウミウシ 体長:15mm

 秋から春頃にかけて、やや内湾のサンゴ域で稀に見る事がある。。
 内湾性サンゴが群生している根にいたり、死サンゴの裏にいた。

 ●川平湾の奥や崎枝湾の奥など、水深3mから見られた。


レモンウミウシ ◆レモンウミウシ 体長:4cm

 冬から春頃に、サンゴ域や岩礁域で稀に見る事がある。
 餌となる、黄色いカイメンにいたり、その周辺にいる。

 ●大崎周辺や名蔵湾のポイントなど、水深15mから見られた。


イチゴジャムウミウシ ◆イチゴジャムウミウシ 体長:3cm

 穏やかな内湾や潮通しが良いサンゴ礁でごく稀に見ます。
 サンゴ域や死サンゴが堆積している場所に隠れている。

 ●石垣島北部や川平のダイビングポイントで水深5mから見られた。


カイメンウミウシ ◆カイメンウミウシ(ペア) 体長:3cm

 体色が地味すぎるのか、日中のダイビングで見つけた事がない。
 ナイトダイビングの時、内湾性サンゴの周辺で稀に見る程度。

 ●川平湾水路や北部のポイントで水深3mから見られた。


コバンウミウシ ◆コバンウミウシ 体長:12㎝

 穏やかな内湾のダイビングポイントで、砂地と転石混じりの場所。
 光を嫌うようで、大きな石の裏に隠れているのを稀に見ます。

 ●川平湾内や崎枝のビーチポイントで水深3mから見られた。



ウミウシ写真館のTOPに戻る

 

石垣島ダイビング サザンダイブのブログ
Blog 11/14更新しました!

 

お客様の声

 

《スマホサイトQRコード》
スマートフォンサイトQRコード
◆タップしてスマホサイトへ◆

 

《携帯サイトQRコード》
携帯サイトQRコード

 

〒907-0024
沖縄県石垣市新川
       2357-135-1F
 tel:0980-87-0541

 

◆◇営業・受付時間◇◆
8:00~20:00
年中無休

●お問い合わせ●メールは
24時間受け付けています

 

ナカモトイロワケハゼ

 

サザンダイブ石垣島