ミドリガイ、モウミウシを見るならサザンダイブ石垣島

石垣島ダイビング サザンダイブ石垣島

サイトマップ

ウミウシ、ミドリガイ嚢舌目をご紹介

石垣島ダイビング TOP → 石垣島ウミウシ写真館 → 嚢舌目(ミドリガイ・モウミウシ)

嚢舌目の仲間

 ミドリガイ・モウミウシの仲間

シラナミミドリガイ ◆シラナミミドリガイ 体長:2cm

 潮通しの良いサンゴ域や岩礁域で稀に見る。
 根の壁面やガレ場・転石地帯の石裏にいたりする。

 ●米原Wリーフや大崎・離島など、水深10m位から見られた。


ヨゾラミドリガイ ◆ヨゾラミドリガイ 体長:2cm

 潮通しの良いサンゴ域や砂地など、冬から春先に見られる。
 砂地を移動中や死サンゴの裏にいる事がある。

 ●米原周辺や石崎・離島方面の、水深10mから見られた。


ゴクラクミドリガイ一種 ◆ゴクラクミドリガイの一種 体長:7mm

 潮通しの良いサンゴ域で、春先ごろ稀に見かける。
 サンゴの隙間やガレ場にいる事がある。

 ●米原Wリーフ周辺のポイントで、水深10mから見られた。


フジイロミドリガイ ◆フジイロミドリガイ 体長:7mm

 潮通しの良いサンゴ域や岩礁域、やや内湾のポイントで。
 転石やガレ場の死サンゴ裏など、稀に見られた。

 ●米原Wリーフや名蔵湾のポイント、水深10mから見られた。


ハナミドリガイ ◆ハナミドリガイ 体長:2cm

 やや内湾からビーチダイビングで使う、穏やかなポイントまで。
 潮通しの良い砂地を移動している事もある。

 ●米原周辺や大崎・名蔵湾のポイントで、水深2mから見られた。


トウアカミドリガイ ◆トウアカミドリガイ 体長:2cm

 やや内湾のサンゴ域や砂地などで見られる。
 根の周辺やガレ場のサンゴ裏に隠れている事が多い。

 ●大崎や名蔵・石垣島の南側など、水深8mから見られた。


テンテンコノハミドリガイ ◆テンテンコノハミドリガイ 体長:3cm

 潮通しの良いサンゴ域から、内湾の穏やかなポイントまで。
 ガレ場や海藻地帯など、ほぼ通年見られる。

 ●大崎や名蔵湾・竹富島周辺の、水深5mから見られる。


ゴクラクミドリガイ一種-2 ◆ゴクラクミドリガイの一種② 体長:7mm

 潮通しの良い岩礁域で、1回のみ見られた。
 ガレ場にある死んだサンゴの裏についていた。

 ●大崎ハナゴイリーフの水深7mで見つけたもの。


チドリミドリガイ ◆チドリミドリガイ 体長:15mm

 潮通しの良いサンゴ域の砂溜まりや内湾の浅いポイントなどで。
 砂に潜っていたり、岩場を移動している姿を見る。

 ●川平湾内やビーチポイントなど、水深1mから見られた。


チドリミドリガイ-2 ◆チドリミドリガイ② 体長:3cm

 オーソドックスな形と体色をしている個体。
 内湾の砂地や岩場で見られ、砂の中に潜っていく。

 ●このタイプも川平湾やビーチ付近など、浅い水深で見られる。


チゴミドリガイ ◆チゴミドリガイ 体長:2cm

 潮通しの良いサンゴ域や岩礁域、内湾のポイントまで見られる。
 冬から初夏ころ、根の周辺やガレ場を移動している事がある。

 ●米原周辺~離島方面まで、水深10mから見られた。


タスジミドリガイ ◆タスジミドリガイ 体長:2cm

 やや内湾のポイントから、ビーチ近くまで幅広い。
 サンゴの隙間やガレ場で、通年見られている。

 ●大崎や名蔵・竹富島周辺など、水深2mから見られた。


シロアミミドリガイ ◆シロアミミドリガイ 体長:2cm

 潮通しの良いサンゴ域や岩礁域から内湾のポイントまで。
 サンゴや根の周辺・ガレ場などで、ほぼ通年見られる。

 ●米原周辺や大崎・離島など、水深3mから見られた。


アカフチミドリガイ ◆アカフチミドリガイ 体長:2cm

 潮通しの良いサンゴ域や湾内のポイントまで。
 海藻地帯やガレ場・砂地など、移動している事が多い。

 ●米原Wリーフや大崎・竹富島周辺の、水深3mから見られる。


コノハミドリガイ ◆コノハミドリガイ 体長:2cm

 湾内のポイントから、潮通しの良いサンゴ域や岩礁域まで。
 ガレ場や転石地帯の石裏、根の周辺にいる事が多い。

 ●大崎周辺や名蔵湾のポイントなど、水深5mから見られた。


ツノクロミドリガイ ◆ツノクロミドリガイ 体長:7mm

 潮通しの良いサンゴ域や砂地にある離れ根周辺で。
 サンゴの隙間やガレ場の下など、稀に見る事がある。

 ●石垣島の北部や米原Wリーフなど、水深10mから見られた。


ゴクラクミドリガイ一種-3 ◆ゴクラクミドリガイの一種③ 体長:10mm

 潮通しの良い砂地にある離れ根で、1回のみ見られた。
 死んだサンゴが堆積した場所を移動。

 ●竹富島の南側のポイントで、水深8mで発見。


チャマダラミドリガイ ◆チャマダラミドリガイ 体長:10mm

 潮通しの良いサンゴ域や砂地など、稀に見る事ができる。
 岩の壁面やガレ場の中にいる。

 ●大崎や米原Wリーフ・石崎など、水深10mから見られた。


ゴクラクミドリガイ一種-4 ◆ゴクラクミドリガイの一種④ 体長:7mm

 潮通しの良い砂地の斜面にある、ハウチワの仲間にいた。
 頭部上の白い渦は卵塊。1回のみ見られた。

 ●大崎のポイント、水深32mで産卵をしていた。


オトメミドリガイ ◆オトメミドリガイ 体長:15mm

 潮通しの良い岩礁域や、やや内湾の岩礁域で稀に見る。
 岩の壁面や転石の裏にいる事がある。

 ●石垣島の南側や竹富島の南側など、水深10mから見られた。


エリシア・トンプソンイ ◆エリシア・トンプソンイ 体長:15mm

 潮通しの良いサンゴ域から、穏やかな内湾のポイントまで。
 サンゴの隙間やガレ場で、稀に見られる。

 ●米原Wリーフや伊原間ポイントの、水深2mから見られた。


ウチワミドリガイ ◆ウチワミドリガイ 体長:7mm

 潮通しの良いサンゴ域や砂地にある離れ根で稀に見られる。
 転石やガレ場・砂溜まり周辺にいる事がある。

 ●大崎や竹富島の南側、水深8mから見られた。


アオボシミドリガイ ◆アオボシミドリガイ 体長:15mm

 潮通しが良い砂地や、やや内湾のポイントなど。
 砂地の離れ根や、海藻類が生えている場所で稀に見ます。

 ●主に大崎周辺で、水深10mから見られました。


セジロモウミウシ ◆セジロモウミウシ 体長:5mm

 潮通しの良い砂地の緩やかな斜面。
 ハウチワの仲間についているのを稀に見る。

 ●大崎周辺や竹富島の南側など、水深10mから見られた。


アリモウミウシ一種 ◆アリモウミウシの一種 体長:15mm

 潮通しの良い、石も岩も何も無い砂地で1回のみ見られた。
 砂泥系のハゼが生息している場所を移動していた。

 ●大崎のナカモトイロワケハゼがいる近く、水深37mにいた。


ウサギモウミウシ ◆ウサギモウミウシ 体長:5mm

 潮通しの良い砂地で、緩やかな斜面で。
 小さめのハウチワの仲間に付いているのを稀に見る。

 ●石垣島の北部や大崎など、水深3mから見られた。


クサイロモウミウシ ◆クサイロモウミウシ 体長:5mm

 潮通しの良い砂地や、やや内湾の砂地ポイントまで。
 ハウチワの仲間に付いているのを稀に見る。

 ●石垣島の北部や大崎・名蔵など、水深3mから見られた。


クサイロモウミウシのカラーバリエーション ◆クサイロモウミウシ・2 体長:5mm

 やや内湾の砂地に生える、ハウチワの仲間に棲みつく。
 北部のインリーフで、餌の影響か?体色が白っぽい。

 ●石垣島北部にあるビーチで、水深2mから見られた。


テングモウミウシ ◆テングモウミウシ 体長:5mm

 内湾または穏やかなダイビングポイントの砂地。
 ハウチハの仲間に棲み付いている。頭部の黄色い縦線が特徴。

 ●北部のビーチポイントなど、水深2mから見られた。
 夏場のビーチは、毒性が強いハブクラゲがいて注意が必要!


  

ウミウシ写真館のTOPに戻る

 

石垣島ダイビング サザンダイブのブログ
Blog 07/19更新しました!

 

お客様の声

 

《スマホサイトQRコード》
スマートフォンサイトQRコード
◆タップしてスマホサイトへ◆

 

《携帯サイトQRコード》
携帯サイトQRコード

 

〒907-0024
沖縄県石垣市新川
       2357-135-1F
 tel:0980-87-0541

 

◆◇営業・受付時間◇◆
8:00~20:00
年中無休

●お問い合わせ●メールは
24時間受け付けています

 

ナカモトイロワケハゼ

 

サザンダイブ石垣島