ダイビングで石垣島のミノウミウシ見るならサザンダイブ

石垣島ダイビング サザンダイブ石垣島

サイトマップ

石垣島のダイビングは少人数でミノウミウシをご紹介

石垣島ダイビング TOP → 石垣島ウミウシ写真館 → 裸鰓目・(ミノウミウシ)

裸鰓目ウミウシ

 ミノウミウシの仲間

ル-ジュミノウミウシ ◆ルージュミノウミウシ 体長:25mm

 潮通しの良いサンゴ域や岩礁域で、秋から春先にかけて見る。
 岩の壁面やサンゴの隙間など、移動している事が多い。

 ●底地湾や御神崎・離島周辺で、水深6mから見られる。


ヤマンバミノウミウシ ◆ヤマンバミノウミウシ 体長:2cm

 潮通しのよい砂地にある、ガヤの仲間に付いていた。
 冬などの、水温が低い時に稀に見る事が出来る。

 ●離島周辺のポイントで、水深10mくらいから見られた。


ヤマトワグシミノウミウシ ◆ヤマトワグシミノウミウシ 体長:10mm

 潮通しが良いサンゴ域で、狭いガレ場で見つけた。
 死サンゴの縁を移動していたのを1回のみ。

 ●米原Wリーフの西側、水深10mで見られた。


ムカデミノウミウシ ◆ムカデミノウミウシ 体長:4cm

 潮通しの良いサンゴ域や岩礁域、内湾のポイントまで幅広い。
 サンゴの隙間や砂地・海藻地帯でも見る事ができる。

 ●石垣島・離島など、水深2mから見られた。(写真は交接中)


アオミノウミウシ一種-1 ◆アオミノウミウシの一種① 体長:10mm

 潮通しの良い岩礁域や、砂地にある離れ根で稀に見られる。
 サンゴの隙間やガレ場にある死サンゴの裏にいた。

 ●大崎のポイントや石垣島の南側、水深15mから見られた。


フィロデスミウム・クリプティクム ◆フィロデスミウム・クリプティクム 体長:6cm

 潮通しが良いサンゴ域で、すり鉢状の底にある転石地帯から。
 石の裏に付いていたのを、1回のみ見られた。

 ●川平石崎マンタスクランブルの、水深20mにいた。


ヒブサミノウミウシ ◆ヒブサミノウミウシ 体長:2cm

 潮通しが良いサンゴ域や岩礁域、水路などで見る。
 岩の壁面やバラス周辺など、冬から春先にいる事が多い。

 ●米原周辺や御神崎周辺などで、水深5mから見られる。


ハナビラミノウミウシ ◆ハナビラミノウミウシ 体長:2cm

 サンゴ域や岩礁域にある、大きめの根にいる事がある。
 サンゴの隙間やガレ場で見かける。

 ●荒川のポイントやマンタポイントの、水深20mから見られた。


ハクテンミノウミウシ ◆ハクテンミノウミウシ 体長:15mm

 サンゴ域や岩礁域のガレ場周辺で稀に見かける。
 死んだサンゴや石の裏にいる事が多い。

 ●米原Wリーフや荒川・吉原のポイント、水深10mから見られた。


デンショクミノウミウシ ◆デンショクミノウミウシ 体長:2cm

 外海に面したポイントや潮通しが良いサンゴ域で稀に見る。
 転石地帯やガレ場で、石の裏や死サンゴの裏にいる事がある。

 ●米原周辺や川平マンタスクランブルの、水深12mから見られた。


アデヤカミノウミウシ ◆アデヤカミノウミウシ 体長:3cm

 潮通しの良いサンゴ域や岩礁域などで見かける。
 サンゴの隙間や根の壁面を移動している事が多い。

 ●米原周辺や石崎・底地湾など、水深5mから見られた。


チゴミノウミウシ ◆チゴミノウミウシ 体長:2cm

 サンゴ域や岩礁域で、冬から春にかけて見られる。
 石の上を移動している事もあるが、石や死サンゴの裏が多い。

 大崎や石垣島の南側・離島など、水深8mから見られた。


セスジミノウミウシ ◆セスジミノウミウシ 体長:3cm

 潮通しが良いサンゴ域から、内湾のポイントまで。
 根の周辺や岩の壁面など、秋から春先に見られる。

 ●石垣島北部~御神崎・離島など、水深5mから見られた。


スミゾメミノウミウシ ◆スミゾメミノウミウシ 体長:2cm

 サンゴ域などの、ウミヒドラの仲間に付いている事が多い。
 1度見つけると、同じ場所で見る事ができる。

 ●米原周辺や大崎、竹富島など、水深6mから見られた。


ジボガミノウミウシ ◆ジボガミノウミウシ 体長:15mm

 やや内湾のポイント、穏やかな環境で稀に見る事ができる。
 ガレ場や転石エリアで、死んだサンゴや石の裏にいた。

 ●名蔵湾や崎枝などの、水深12mから見られた。


ケラマミノウミウシ ◆ケラマミノウミウシ 体長:15mm

 内湾のポイントから潮通しが良いサンゴ域まで見られる。
 石の上を移動中やガレ場にいる事が多い。

 ●石垣島から離島など、水深3mから見られた。


オオコノハミノウミウシ ◆オオコノハミノウミウシ 体長:10cm

 サンゴ域にあるバラス地帯や岩礁域で、稀に見る事がある。
 水温が低い冬に、カイメンの仲間を食べていたりする。

 ●名蔵湾や崎枝・底地湾など、水深10mから見られた。


アオセンミノウミウシ ◆アオセンミノウミウシ 体長:2cm

 サンゴ域や岩礁域などで、稀に見る事ができる。
 春先に移動をしている姿や、ガレ場に隠れているのを稀に見る。

 ●荒川のポイントやマンタスクランブルの、水深15mから見られた。


カロリア属一種 ◆カロリア属の一種 体長:10mm

 潮通しが良いサンゴ域で、春先から稀に見る事ができる。
 サンゴの隙間やガレ場の、石の裏にいる事がある。

 ●マンタスクランブルや御神崎の、水深8mから見られた。


アオミノウミウシ一種-2 ◆アオミノウミウシの一種② 体長:15mm

 潮通しが良いサンゴ域で、1回のみ見られた。
 すり鉢状になった転石地帯の、石の裏に隠れていた。

 ●昔のマンタスクランブル、水深18mで見られた。


オショロミノウミウシ属一種 ◆オショロミノウミウシの一種 体長:10mm

 潮通しが良いサンゴ域の、ガレ場で1回のみ見られた。
 ガレ場の死んだサンゴの裏に付いていた。

 大崎ハナゴイリーフの、水深10mで見つける。


アカクセニアウミウシ ◆アカクセニアウミウシ 体長:3cm

 内湾の砂泥域や内湾サンゴが群生する場所で稀に見られる。
 冬から春先に、砂溜まりにいたりガレ場周辺にいる事がある。

 ●名蔵湾の奥や川平湾の奥など、水深3mから見られた。


トウリンミノウミウシ ◆トウリンミノウミウシ 体長:2cm

 内湾の砂泥域やインリーフなどで、ごく稀に見る事がある。
 冬から初夏にかけ、サンゴ周辺や砂地を移動している事がある。

 ●石垣島の北部から名蔵湾まで、水深2mから見られた。



ウミウシ写真館のTOPに戻る

 

石垣島ダイビング サザンダイブのブログ
Blog 11/14更新しました!

 

お客様の声

 

《スマホサイトQRコード》
スマートフォンサイトQRコード
◆タップしてスマホサイトへ◆

 

《携帯サイトQRコード》
携帯サイトQRコード

 

〒907-0024
沖縄県石垣市新川
       2357-135-1F
 tel:0980-87-0541

 

◆◇営業・受付時間◇◆
8:00~20:00
年中無休

●お問い合わせ●メールは
24時間受け付けています

 

ナカモトイロワケハゼ

 

サザンダイブ石垣島