石垣島のダイビングで見れたツバメガイ・ウミコチョウ

石垣島ダイビング サザンダイブ石垣島

サイトマップ

石垣島のウミコチョウ、ツバメガイの紹介

石垣島ダイビング TOP → 石垣島ウミウシ写真館 → 頭楯目(ウミコチョウ・ツバメガイ)

頭楯目のウミウシ

 ウミコチョウ・ブドウガイ・ツバメガイの仲間

ムラサキウミコチョウ ◆ムラサキウミコチョウ 体長:10mm

 潮通しのよいサンゴエリアややや内湾のポイントで。
 死んだサンゴの裏にいる事が多い。

 ●石垣島全域から離島まで、水深5mから見られる。


トウモンウミコチョウ ◆トウモンウミコチョウ 体長:10mm

 内湾のポイントから潮通しが良いサンゴ域まで。
 バラス地帯や死サンゴの裏で見つけられる。

 ●石垣島全域から離島まで、水深3mから見られた。


コンニャクウミコチョウ ◆コンニャクウミコチョウ 体長:5mm

 見られたのは2回のみ。名蔵湾にある隠れ根ポイント。
 バラス地帯の死サンゴと石の裏についていた。

 ●名蔵湾中央部のポイント、水深12mで見られた。


オレンジウミコチョウ ◆オレンジウミコチョウ(交接中) 体長:3mm

 外海に面した、潮通しの良いサンゴ域や岩礁域で。
 転石地帯の石裏や死サンゴの下で見つかった。

 ●伊原間や石崎・御神崎など、水深5mから見られた。


キイロウミコチョウ ◆キイロウミコチョウ 体長:3mm

 潮通しの良いサンゴ域や岩礁域などから。
 ガレ場や転石地帯の、死サンゴ裏にいる事が多い。

 ●伊原間や石崎、御神崎など、水深8mから見られた。


ウミコチョウの一種 ◆ウミコチョウの仲間 体長:5mm

 大崎の白い砂地で、ハウチワ(海藻)の仲間の裏に
 ついていた。見られたのは、1回のみ。

 ●ナカモトイロワケハゼが生息する、水深37mで見られた。


コンシボリガイ ◆コンシボリガイ(腹足縁・青色バージョン) 体長:3cm

 潮通しの良いサンゴ域や岩礁域などから。
 転石地帯やガレ場にある、砂溜まり周辺や死サンゴの裏で。

 ●川平周辺や名蔵湾など、水深10mから見られた。


コンシボリガイ-2 ◆コンシボリガイ(腹足縁・黄色バージョン) 体長:3cm

 ツムブリの群れやカマスサワラが、よく見られるポイント。
 かなり潮通しが良いサンゴ域にある、バラス地帯から。

 ●名蔵湾の中央部の隠れ根で、水深18mで見られた。


チャイロアワツブガイ ◆チャイロアワツブガイ 体長:3mm

 冬から春先に、リーフや根から離れた石も岩も何もない
 白い砂地を移動している事がある。

 ●荒川周辺や離島など、水深10mぐらいから見られる。


トンプソンアワツブガイ ◆トンプソンアワツブガイ 体長:3mm

 外海に面した、潮通しの良いサンゴ域や岩礁域など。
 転石地帯の石裏や死サンゴの裏についている。

 ●石垣島北部や石崎など、水深10mから見られる。


ミガキブドウガイ ◆ミガキブドウガイ(ペア) 体長:7mm

 潮通しの良いサンゴ域や岩礁域で、春先に多く見られる。
 死サンゴの周辺など、1匹いると近くに数個体隠れている。

 ●石崎や米原Wリーフ・竹富島など、水深10mから見られた。


ミガキブドウ-2 ◆ブドウガイ科の一種 体長:7mm

 外海に面した潮通しの良いポイントで1回のみ。
 エサとなる?コケムシ等が多くつく岩肌にいた。

 ●昔のマンタスクランブルの、水深18mで見られた。


アオフチキセワタ ◆アオフチキセワタ 体長:7㎝

 やや内湾のポイントで、泥砂混じりの岩や根の周辺で。
 冬から春にかけて、見られる。移動するのが早い!

 ●川平湾や底地・名蔵湾など、水深3mから見られる。


キセワタガイ一種 ◆キセワタの一種① 体長:15mm

 潮通しの良い、リーフから離れた砂地で。春先に見られる。
 離れ根や転石など無い、砂地が広がっている場所から。

 ●荒川の砂地や竹富島の砂地など、水深13mから見られた。


キセワタ一種-2 ◆キセワタの一種② 体長:15mm 

 上のキセワタの一種①と同じ時期、同じ環境で。
 何も無い、砂地を移動していた。外敵がいると、砂に潜る!

 ●荒川のポイントで、水深22mで1回のみ見られた。


エンビキセワタ ◆エンビキセワタ① 体長:5mm

 潮通しの良いサンゴ域やバラス地帯など、ほぼ通年見られる。
 死サンゴ周辺でブドウガイと同じ環境にいる事が多い。

 ●米原や名蔵湾・離島などの、水深5mから見られた。


エンビキセワタ-2 ◆エンビキセワタ② 体長:5mm

 この体色は名蔵湾や米原Wリーフで稀に見られる。
 サンゴ周辺や死んだサンゴの中にいる事がある。

 ●名蔵湾中央部のポイント、水深13mで見られた。


オオクロネズミ ◆オオクロネズミ 体長:15mm

 リーフや隠れ根から離れた、砂地などにいる事が多い。
 何も無い砂地にいたり、転石周辺にいたりする。

 ●竹富島や黒島・荒川の砂地、水深10mから見られる。


クロボウズ ◆クロボウズ 体長:7mm

 見られる環境はオオクロネズミと同じで、外敵がいると砂に潜る!
 春先から初夏にかけて、砂地を移動している。

 ●竹富島の南や荒川の砂地など、水深5mから見られた。


カノコキセワタ一種 ◆カノコキセワタの一種 体長:7mm

 白い砂地にポツンとある、離れ根で1回のみ見られた。
 春先で、移動するのが早い。光が嫌いなようで、砂に潜る。

 ●竹富島南のポイントで、水深11mで見られた。


カノコキセワタ一種-2 ◆カノコキセワタの一種② 体長:5mm

 何も無い砂地を移動している時に、1回のみ見られた。
 よく見ないと、ゴミと間違えるぐらいの大きさと地味な体色。

 ●黒島の北側にあるポイント、水深6mにいた。


カノコキセワタ一種-3 ◆カノコキセワタの一種③ 体長:5mm

 内湾性の生き物が生息するポイントで1回のみ見られた。
 小さな根の周辺にある、ガレ場にいた。

 ●名蔵湾中央部のポイントで、水深14mで見つけた。


ワモンキセワタ ◆ワモンキセワタ 体長:3cm

 穏やかな環境のガレ場や潮通しが良いサンゴ域の砂溜まり等
 秋から春先にかけて稀に見ます。環境の色に溶け込む体色!

 ●底地湾や大崎周辺、川平湾など水深4mから見られた。


オハグロツバメガイ ◆オハグロツバメガイ 体長:5cm

 やや内湾のポイントで、冬から春先に移動中のを見る。
 サンゴ域や根の周辺、砂地などで見られる。

 ●川平周辺や名蔵湾など、水深3mから見られた。


アカボシツバメガイ ◆アカボシツバメガイ 体長:5cm

 内湾のポイントやリーフ内の穏やかなポイントなど。
 サンゴや根の周辺、ガレ場の死サンゴの下にいる事が多い。

 ●川平湾や大崎周辺離島など、水深3mから見られた。


クロヘリシロツバメガイ ◆クロヘリシロツバメガイ(ペア) 体長:5cm 

 透明度があまり良くない内湾のポイントなどで。
 内湾サンゴが生息する根周辺で、冬から春先に見られる。

 崎枝や名倉湾のポイントで、水深2m位から見られた。


コナユキツバメガイ ◆コナユキツバメガイ 体長:4cm

 潮通しの良いサンゴ域や岩礁域から、内湾のポイントまで。
 冬から初夏にかけて、幅広い環境にいる。

 ●川平エリアや大崎・離島周辺の、水深3mから見られる。


ニシキツバメガイ ◆ニシキツバメガイ 体長:3cm

 穏やかなサンゴ域や潮通しの良いサンゴ域、岩礁域から砂地まで。
 冬ぐらいから初夏にかけて、活発に動いている。

 ●米原周辺や川平・離島など、水深3mから見られた。


ニシキツバメガイ-2 ◆ニシキツバメガイ② 体長:2cm

 あまり見かけない、体色パターン。
 リーフや離れ根など、何も無い砂地を移動しているのを見る。

 ●黒島の北側や荒川の砂地など、水深5mから稀に見る。


フィリノープシス属一種 ◆フィリノープシス属の一種 体長:3cm

 砂地にある離れ根や潮通しの良いサンゴ域で稀に見る。
 岩の上を移動していたり、死サンゴの裏にいる事がある。

 ●米原Wリーフや底地湾、竹富島南の水深12mから見られた。


ミョウジンツバメガイ ◆ミョウジンツバメガイ 体長:5mm

 比較的に穏やかなダイビングポイントの砂地で見かけます。
 岩の周辺よりも、何もない砂地を移動している事が多い。

 ●竹富島周辺や川平周辺の水深5mから稀に見られる。



ウミウシ写真館のTOPに戻る

 

石垣島ダイビング サザンダイブのブログ
Blog 11/14更新しました!

 

お客様の声

 

《スマホサイトQRコード》
スマートフォンサイトQRコード
◆タップしてスマホサイトへ◆

 

《携帯サイトQRコード》
携帯サイトQRコード

 

〒907-0024
沖縄県石垣市新川
       2357-135-1F
 tel:0980-87-0541

 

◆◇営業・受付時間◇◆
8:00~20:00
年中無休

●お問い合わせ●メールは
24時間受け付けています

 

ナカモトイロワケハゼ

 

サザンダイブ石垣島